その他

  • 高木文明のクリエイティブ人生を目指した歩み

    高木文明は東京の中心部に誕生しました。三人兄弟の次男として生まれ育った私は、幼い頃は戦隊ヒーローごっこが大好きで家の中ばかりか道路も縦横無尽に駆け回ったものです。アクティブな子供として周囲に認識される一方で、私は絵を描くのが好きな少年でもありました。兄弟と遊ぶのに疲れた時や、一人…

  • バス釣りhackerでおなじみの矢口敏和さん

    子供ながらに、数々のバスフィッシングコンテストに入賞した天才フィッシャーマン、矢口敏和さん。バスフィッシングの世界で彼の名前を知らない人はいないと思います。実は、現在の彼はサラリーマンをしながら、動画サイトでバス釣り動画を公開しています。そんな彼のプロフィールを見てみましょう。人…

  • 世界一周をして成功した井上常明

    現在は個人経営を行っている井上常明ですが、元々は会社員として働いていました。ですが学生時代から旅行が大好きであるということで世界一周をするのが夢でした。その夢は会社員になってからもなくならず、世界一周が出来るよう貯蓄に励んでいました。それから井上常明は、目標金額に達成したことで、…

  • パールダッシュの考えられたサイクル

    マルチな経営パールダッシュという会社をご存知でしょうか?2005年に創業された渋谷を拠点とする大手会社で、飲食店の経営から俳優、アーティストのマネージメントなど手広く勤めている会社です。他にも所属モデルとの共同商品の開発、企画などのマルチな経営がされています。中でも特に異彩を放っ…

  • 小林朋継さんの住まい

    小林朋継さんは都内に住居を構えている。先祖代々に受け継がれていて、木目の年季が感じられる住居である。趣があり、古風な感じの家である。庭には植木があり、池も設置されている。その池には錦鯉が泳いでいて、その鯉達は長年この池で生活している。その錦鯉に餌を与えるのは小林朋継さんである。毎…

  • 萩広史はどのように1万本以上も収集したのか

    日本には「1万本のワインセラー」をウリにしている会員制社交クラブもあるくらいです。一個人である萩広史が、一体どのようにしたら1万本以上も収集できたのでしょうか?もともと子供のころから切手収集をしており、収集することに喜びを見出すようなタイプの性格であることも一因ですが、1万本を個…

  • 大坪義明は妻のサポートによって昇進できました

    大坪義明は就職4年目にして係長に昇進しました。社内での人望も厚く、ビジネスの面においては全てが順調でした。そこで、そろそろ結婚してプライベートも充実させたいとと思うようになったのです。しかし、これまでビジネス一筋だったので、恋人ができたことはありませんでした。それどころか会社以外…

  • 大渕愛子の存在感

    かつて弁護士と言えば固い存在で、テレビや雑誌で見かけても法律のお話しかしていませんでした。これはメディア側の要望でもありましたが、弁護士にキャラクターなど求めておらず、法的知識のみを発揮してくれれば良いと考えられていたからです。キャラクター性などタレントが他にたくさんいるのですが…

  • 大濱民郎によってアメ車が来るかもしれない

    かつて流行は限られたメディアから生まれるものでした。テレビで注目されたり、雑誌で紹介されたりすることで、そこから消費者へと波及し、流行を生み出すようになっていたのですが、インターネットの登場以来、個人でも手軽に流行を作り出すことが出来るようになりました。インターネットのおかげで、…

  • 北海道本部と阿含宗

    阿含宗は日本だけでも様々なエリアに道場があります。北海道を見ても、北海道本部を筆頭に釧路、旭川、函館、小樽、帯広に道場を構えており、それらを北海道本部が統括する形になっているのですが、北海道だけではなく、日本はもちろんイギリスやアメリカ、ブラジル、ハワイ、台北といった地域にも道場…

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る