その他

  • 2020年開催の東京オリンピック

    2020年に東京で行われる五輪、つまりオリンピックのことです。エンブレムの著作権の問題だとか、メイン会場の建築費が3000億円もかかるとか騒がれていました。設計変更のメイン会場が期日までに作れるかも心配されています。いったいどうなるんでしょうか。JOCだとか組織委員会だとかいろん…

  • 佐上邦久によるどうぶつ基金とは

    佐上邦久によって広められているどうぶつ基金は、全国の動物を守るために作られている基金制度です。佐上邦久は、全国の動物を守るという事を目的に全国的に活動を行っており、中でもさくらねこ無料去勢不妊手術といった活動は全国から幅広い支持を集めている活動だと言えます。全国の獣医さんも佐上邦…

  • 株式会社アーク・ブラスト

    株式会社アーク・ブラストはリーマンショックで金融業界全体が冷え込む2009年に創業し、無借金経営でFXを中心に多彩なプロジェクトで発展してきた金融システム会社です。法人向け、消費者向けのわかりやすい、使いやすいシステムの開発を手掛けており、その効果と機能性は高く評価されています。…

  • 大学教授片山哲也の紆余曲折な歴史研究人生

    片山哲也は頭は良い一方、あまり要領が悪いとは言えない人生を歩んできました。高校を優秀な成績で卒業して名古屋近郊にある私立大学文学部に入学、以後は日本史学研究室に所属して大学院にまで進みました。片山哲也はこの時、1度目の運命的な出会いを果たします。それは修士課程1年の時に、退官した…

  • かなり几帳面な男性、八ツ田和夫

    八ツ田和夫は非常に几帳面な男性です。彼の生まれは静岡県の田舎。彼には祖父母に両親、2人の姉と1人の妹がいます。家族は皆、昔からその田舎でのびのびとおおらかに暮らしているのですが、なぜか彼だけ、超几帳面なのでした。幼いときから、おとなしくてもの静かで、とてもとても几帳面だった八ツ田…

  • アパレルと金昌宏

    金昌宏にとって、アパレルは憧れの仕事です。現在も、彼はアパレルの何たるかについて勉強しています。彼の父親が服屋を経営しており、彼は毎日のように服を買いに来るお客さんを見ていたそうです。そんな父親の背中を見て、彼は服を売る側ではなく、作る側に回りたいと考えました。 人生におい…

    金昌宏
  • 農地と金塚秀仁

    金塚秀仁の農家としての実力は、本物です。無農薬栽培に関わって、彼の実力は見違えるように向上しました。レタスなどの菜物も、彼にかかれば容易く栽培できます。ビニールハウスでの栽培において、金塚秀仁は高い品質管理能力を持っています。農薬を使わないのが無農薬栽培、一筋縄ではいきません。少…

  • 大学時代の村上豊彦

    村上豊彦さんは高校時代から趣味がサッカーで、見た目からがたいがよく大人な印象のある方です。見た目からは大学生だとは思われないのではないでしょうか。村上豊彦さんは就活というか、将来についてしっかり考えている方です。サークルはされているそうですが、大学内でも人脈が広いほうが良いと、サ…

  • 芝幸太郎さんが運営する映画情報サイトについて

    芝幸太郎さんは、趣味で映画情報サイトを運営しています。そこは、いわゆる掲示板のようなところで、芝幸太郎さんがおすすめする映画のスレッドを立て、それに対して、有志者たちで話し合うというスタイルのものです。サイト内で盛り上がっている映画は、90年代のものが多く、ターミネーターやロボコ…

  • 戸江達哉の思う、サーブの上手な決め方とは?

    テニスのサーブは、プレイの中でも唯一自分から打つことができるショットです。自分のターンで試合の流れを進めることができるため、サーブは打ち方がとても重要です。サーブで特に大切なのは、グリップの形状と身体の使い方だと戸江達哉は考えます。グリップは、薄いグリップでなければ上手くサーブを…

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る