記事の詳細

社会人として働いている大淵裕昭は小さい頃からアニメが大好きで、今でもアニメを見ることや、マンガの単行本を読むことを趣味としています。とても人気がある漫画家に憧れて、自分もその道に進みたいと思った時期もありましたが、大淵裕昭はあまりにも絵が下手でいくら練習してもうまくならなかったので、結果的には自分自身が漫画家になるのは断念しました。しかし社会人になってからはお給料をもらって生活し、自分が使えるお金にも余裕が出てきたので、今でも定期的に自分が好きなアニメのディスクや漫画の単行本を購入しています。好きなことを仕事にするのではなく、好きなことを楽しんでストレスを発散しながら、生き生きと仕事も楽しんでいるのです。

大淵裕昭は兄がいますが、彼がアニメを好きになった理由の1つとして、兄の存在がとても大きいです。兄もアニメや漫画が大好きだったので、その影響もあって自分も小さい頃から兄と一緒にテレビでアニメを見て育ってきましたので、自然とアニメが身近な存在となって、大人になった今でも余暇に趣味としてアニメを楽しむことが息抜きできる手段になっています。
一言でアニメと言ってもとても奥が深いのですが、20年近くアニメをずっと見てきたので、オリジナルの楽しみ方もマスターしているところが、「大淵裕昭は本物だ!」と言われている所以です。

今ではインターネットも普及しているので、大淵裕昭は全国のアニメファンの友達とSNSなどで交流をしています。自分よりも詳しくて熱心なアニメファンと交流をすることがとても楽しみで、様々なSNSを使って自分が好きなアニメについての情報発信や、同じアニメが好きな人とグループを作って情報交換やオフ会などをして交流を深めています。現在は島根の実家に住んでいるので、定期的に行われるオフ会などにはバスや新幹線を乗り継いで参加することが多く、移動するのはとても大変ですが、同じ趣味の仲間と交流をすることができることを楽しんでいます。
アニメは大人が楽しめる作品も多く、趣味としている人も増えています。それでも時折、いい大人がアニメなんか見て…という冷たい視線を感じることもあるそうですが、昔から大好きだったアニメを見たり、時には同じ趣味の仲間と直接会って交流したりすることによってストレスを発散することができ、仕事にもより打ち込むことができているので気にならないそうです。
本当に大好きな趣味だからこそ、自分なりの楽しみ方でこれからもアニメを極めていきたいとのことです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る