記事の詳細

2014_9_14_稲刈り

住宅型有料老人ホームとは施設側が用意した住宅で日常生活を送りつつ、必要に応じて入浴介助や洗濯サポートといったサービスを受けることができる施設です。現在では日本各地にこうした施設が存在しており、サービス品質や内容などはさまざまですが、石川県金沢市に施設を構える清泉の宿は全国から入居者が訪れるなど高い評価を受けています。

清泉の宿は森口邦光氏によって経営されている住宅型有料老人ホームで、森口邦光氏の唱える一人一人の利用者が安心して快適な生活を送ることができるような環境を提供する、という考えのもと運営されています。この森口邦光氏の考えや理念は施設スタッフ全員に浸透しており、それが高品質できめ細かい介護サービスに繋がっていると言えるでしょう。清泉の宿には単身部屋と二人部屋の二つがあって、利用者のニーズに応じて選ぶことができるのも特徴です。プライベートを重視したい方なら一人用を選べば良いですし、夫婦や友人同士で暮らしたいなら二人部屋を選ぶことができます。どちらの部屋も日常生活を送る上で必要となる設備は整っており、トイレやミニキッチン、洗面所やエアコンなども設置されています。また、清泉の宿では体験入居も実施しているため、実際に部屋の様子や施設の雰囲気などを肌で感じることができるようになっています。

清泉の宿ではすべての利用者に楽しく充実した日々を送って貰いたいという森口邦光氏の願いのもと運営されているため、さまざまな楽しいイベントやレクリエーションも実施されています。有名なところでは清水の里祭りがあり、利用者でチャリティーバーベキューを楽しめるイベントとなっています。こうしたイベントを通じて利用者同士の親睦を深めることができますし、忘れかけていた楽しさを思い出すことができるでしょう。ほかにも清水の里自然体験農園での無農薬米田植えや稲刈りなど、その季節に応じた楽しいイベントがたくさんあります。こうした配慮も利用者からすると嬉しいと思えるポイントなのではないでしょうか。いかに入居者が楽しくストレスフリーで暮らすことができるのか、ということを重視する森口邦光氏ならではの取り組みと言えるのかもしれません。

森口邦光氏によって経営されている清泉の宿は日々利用者の明るい笑顔と笑い声で満ち溢れています。それだけ多くの方が充実した生活を送っているということなのでしょう。老後を過ごす住宅型有料老人ホームとして検討する価値はあるのではないでしょうか。

清泉の宿
http://www.seisen-dayservice.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る